トップイメージ

普通のビギナー向けの外国為替証拠金取引のテキストでは「損失が生じた時はナンピンをすることで、全体の平均の買い付けコストを下げることができる」等と述べられていたりする事もありますが現実的にはこれは大きな危険性が潜んでいます。ソワン 毛穴

最初に、ナンピン買いのロジックに関して簡単に述べます。ダイエットのきっかけはお腹!お腹の変化でダイエット心が燃え上がる!

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。紅茶キノコ 効果

$(ドル)買いですから円安ドル高に向うほど儲けが大きくなりますが、不幸にして95円まで円高・ドル安方向に向ったとします。アミノ酸の効果

その場面でポジションを所有し続けたら、損がなくなるまでにはドル安になった分、ドル高に向う必要があります。iPhone8 ドコモ

誰でも、赤字は出来るだけ早く0にしたいと願うだろう。会計事務所 求人 大阪

この状況を打破するため最初に買ったのと同じ分の$(ドル)を、1ドル=95円で買い増しする。切手買取り

すると、ポジションの平均の買い付けコストは1ドル=97.50円まで引き下げることができます。素行調査の費用

2.50円の幅で円安ドル高に推移すれば、損を取り戻す事が出来ます。ブライダルローン申し込み条件とは?【チェックされる項目とは?】

こういったことがナンピン買いの仕組みです。興信所の身元調査の費用|安い料金でどこまでの内容

ナンピン買いの方法を聞くと「ごもっとも」という気分になるが、市場はそう簡単には問屋を卸してくれない。

最初から、1ドル95円が底値だということなど、誰一人として予想できません。

為替がかなりの円高トレンドであれば、95円では収まらずさらに一層ドル安が進む可能性が高くなります。

仮に、97.50円でナンピン買いをした場合に95円まで円高になったとしたらナンピン買いした分についても、赤字が生まれることになってしまいます。

この状態では、初めに取引したドルとトータルで、倍の差損を被ります。

この例のように、ナンピンは厄介です。

それならば、市場が自身の物語とは逆の方向にどんどん向う場合いかなるやり方でリスクを回避すればいいのでしょうか。

こういう時には取るべき道は2つ。

まずはじめは覚悟を決めて損切りをする事です。

もうひとつの手段としては、その時に、所有しているポジションを縮小することで改めてマーケットが戻るのを待ち望むことです。

ずいぶん控えめな対策だと感じる投資家もいるだろう。

けれども、自分の持っているポジションに損が出た場合、一番効果のあるやり方はこれよりいいものはあるはずがありません。

理屈の上ではナンピンという手法もあると思います。

だがナンピンは、損失を披っている場面にもかかわらずポジションを整理するどころか反対にポジションを積み重ねていく手段です。

この対策では、危険性を削減することなど、とても無謀だと考えたほうがいいです。

ナンピンをし続ければいずれは利益を上げられるかもしれません。

だけど、それ以前に資金がショートしてしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.be-mused.com All Rights Reserved.