トップイメージ

外国為替市場介入(為替介入)という言葉を知っていますか?日本銀行が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、テレビ番組、ネット等の記事で注目した方も多いと思います。

為替介入は日本においては、・大臣(財務大臣)為替の安定化を保てるように用いる手法ということで考えられています。

要は、極度の円高または円安の場合に財務大臣の言いつけによって日本銀行が円を売り買いすることで円相場を安定化させる、ものを言います。

為替介入とは方法が何通りかあります。

1.単独介入・・・行政や日本銀行が東京での市場の中で市場に入って為替介入(外国為替市場介入)をする。

2.協調介入・・・銀行などが協議し各々の通貨当局の持っているお金を使って一斉にまたは時々為替介入を実施する。

3.委託介入・・・他の国の通貨当局に対して為替の介入を依頼する。

4.逆委託介入・・・日銀が他国の通貨当局に代わって為替の介入を遂行する。

こんな方法があります。

どのケースの為替の介入も一時期、あるいは継続的に為替のレートにたくさんの影響を与えるはずです。

為替介入(外国為替平衡操作)のお金は当たり前ですが国家の威信をかけているだけにスケールが大きいです。

円を例にして例えると、通常は少しだけ変動している相場が一気に大きく変化をします。

個人の投資家の方でしたら一度は体験していると考えますが今まで上手に含み益(または含み損)が多くなっている保有高を持っていたところで、ポジションが決済したという情報が外為の会社よりメールが届き・・・どのくらい黒字になったのか(損したのかな)?と考えながら決済された情報を見たところ、自ら思っていた事とは正反対の内容に目が点になってしまうというパターンがあるのです。

為替介入(外国為替平衡操作)が行われた時によく聞く話なのです。

以上のように外国為替平衡操作(為替介入)を行うと為替の市場の変動とまったく反対の動きをするのです。

動く金額の範囲は相当大幅に変動するため気をつける必要があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.be-mused.com All Rights Reserved.