トップイメージ

英語の学習で避けて通れないのが英単語の学習です。モビット評判?2ちゃんねるや知恵袋でも噂に【追加融資には慎重です】

ネイティブの知っている語彙数は、20000〜35000語ほどで、これから覚えようとなると気の遠くなるような数ですが、少なくとも10000語ほどの語彙があれば、記事や新聞などはほぼ読めるようになるようです。インターネットFAX 仕組み 原理

専門職などで英語が必要であれば、その分野に合わせた語彙も必要になってくるでしょう。ビキニライン 黒ずみ

問題が発生しましたら英語を話したいへご連絡下さい。もっとすっきり生酵素 口コミ

語彙が多ければ細かな表現もできるようになり、会話もスムーズに進みます。メールレディ 金額

仕事上で使うなら、なるべく増やしておきたいものですが、暗記は苦手という方も多いのではないでしょうか。東京新宿発!出会い系サイト

今回は、暗記するのに便利な、英単語学習ソフト P-Study Systemを紹介します。コチラがわかりやすいです

P-Study Systemはフリーソフトで、Vectorなどでダウンロードできます。

わからないことがあしましたらおすすめの英語教材の資料をご覧ください。

単語帳のように英単語を見て和訳を答える、または、その逆を繰り返して学習を進めていくのですが、特徴的なのは、P-Study Systemが学習者の、覚えている単語と、忘れそうな単語、を識別し、忘れそうな単語を、優先的に出題してくれます。

覚えている単語は、時間がたち、記憶が薄れたころを見計らって再び出題されます。

これには、心理学者リビングハウス氏の忘却曲線の理論が応用されています。

何かありましたら英会話の上達法のHPをご覧ください。

使ってみるとその効率のよさに驚くはずです。

ぜひお試しください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.be-mused.com All Rights Reserved.