トップイメージ

自己破産をしても司法機関などから家族や親族にダイレクトに電話がかかるなどということはあり得ません。便秘解消サプリ

それを真に受ければ親族に事実が知れ渡らないように自己破産の申告できるかもしれません。審査なし 借入 瞬即navi

それでも、実際には、自己破産の手続きを行う時点で公的な機関などから同一住居に住む親類の賃金を明らかにする書面や銀行の預金通帳の写し等といった書類資料の提供を有無をいわさず求められるといったことがありますし債権保持者から家庭へ事実関係の報告などがなされることがままありますので家族や親類に内緒で自己破産というものができるという保証は望めないといえるでしょう。家電セット レンタル

内緒にして後になってから知られてしまうことに比較すると、まず最初から正直に本当のことを話して皆の協力を得て破産の申立てを実行する方が安全と言えるでしょう。コンブチャクレンズ

その一方、異なった場所に住む家族や親類ならば自己破産申立てを行ったのが知られるなどといったことは取り敢えずのところ心配する必要はないと納得してください。プロミス自動契約機

夫または妻の返済義務を失効させるために離縁することを考える夫婦もいるようですがそれ以前にたとえ夫婦同士である場合でも法的には自らが書類上の連帯保証人という身分になってしまっていないということであれば民法において支払義務はありません。

その一方で書類上の(連帯)保証の名義人を請け負っているケースは離縁することをしても民法上の義務に関しては引き続き本人が負わなければいけないため法的な支払義務があります。

つまり婚姻関係の解消を行ったことで貸与されたお金の法的な支払い義務が解消するというようなことはあり得ないのです。

ところでたまに債権を持つ会社が債務者の家族や親族に請求をしてしまうようなケースもありますが、連帯保証人又は保証人にサインしていないということであれば親と子の間、姉と妹というような家族の債務に関して他の親族に民法上では支払に対する強制力は認められないのです。

それ以前に、債権を持つ会社が支払義務のない親族の人に対して請求を行うことは貸金業規制法についての行政府の営業ガイドラインの中で禁じられているため支払督促の方法によっては貸金業規制法の支払催促の取り決めに違反することにもなります。

従って支払に対する強制力が存在しないにも関わらず債務をもつ人の家族や親族が支払いの督促を不当に受けてしまったようならば、債権をもつ取引先に向けて請求を直ちに止めるよう警告する内容証明を送るべきでしょう。

しばしば債務者のことがとても見てられないからということで本人以外の家族や親類が未返済金などの債務を代理で請け負って支払ってしまうような話もありますが借り手本人が恵まれた境遇に安心していつまで経っても借金のトラブルを蒸し返すことがあるのです。

したがって、借りた本人事情を斟酌したら冷たいかもしれませんが借りた本人自助努力で借りたお金を返済させるか自力での更生が非現実的であれば破産の申し立てをさせた方が借入者本人の今後の生活には良いと思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.be-mused.com All Rights Reserved.