トップイメージ

自動車を売る時、さらに中古車の処分時も印鑑証明という書類が必要になります。iPhone8 au

それではこの印鑑証明について説明していきます。ブライダルエステ体験

印鑑証明とは、ある印鑑に対して、それが実印として認められていることを実証する目的を持つ書面です。チョコレートダイエット 痩せる

この書類がなければ、その印鑑に関して実印として効力を持つという事実が実証できません。湯上りカラダ美人

大金が動く売買になる該当する車の売却ですからどうしても実印が必要ですが、それと同時に印鑑証明書が必要となるのです。うつ不眠症

印鑑証明書を実際に発行するには、その前に印鑑証明する必要があります。プロミス無職審査厳しい?借入審査通る方法は?【来店不要即日】

印鑑証明に登録する印は普通、実印と言われ唯一無二の印でなくてはなりません。

この印を手配して最寄の役場の取次ぎ所へ出向けばすぐに印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードなるものがもらえて、印鑑登録をした印は実印として認められたということになります。

印鑑証明を発行してもらうには、市役所などで、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書いて印鑑登録カードを持って行く必要があります。

さらに、自動交付機で印鑑証明書を発行することができます。

印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。

ですからどんなに前の印鑑証明でもその効力は続くことになります。

しかしながら、クルマ買い取りのときには、印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類でなければ無効になります。

通常は有効期限などはないですが、自動車の買い取りの時は業者側が有効期限を教えてくれるので、もしもクルマ買い取りを考えているのならばはじめに用意しておくことが必要です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.be-mused.com All Rights Reserved.