トップイメージ

免責不許可事由というのは自己破産が出された人へ、以下のような件にあたっている場合は免除は認可できませんという内容を指したものです。ロレックス(ROLEX)

ですから、極端に言うと弁済が全然できない状態でも、このリストにあたる人は負債のクリアを受理されない場合もあるというわけです。コンブチャクレンズ

だから破産を申告し免除を要する方における、最終的な関門がこの「免責不許可事由」なのです。サクナサク

次はメインとなる不許可となる事項となります。コディナ アロエジェル

※浪費やギャンブルなどで著しく資本を減じたり、きわめて多額の債務を負担したとき。マイクレ

※破産財団に包含される資産を秘匿したり、破壊したり債権を持つものに損失となるように売り払ったとき。モコム メールレディ

※破産財団の金額を悪意のもとに増やした場合。

※自己破産の責任を負うのに、それら債権を持つものに利益をもたらす意図で担保となるものを渡したり弁済期より前にお金を返済したとき。

※もうすでに返すことができない状態なのに虚偽をはたらき債権を持つものを信じさせて借金を借り入れたり、カードを利用して高額なものを購入した場合。

※ウソの貸方の名簿を法廷に提示した場合。

※返済の免責の申し立てから前7年以内に返済の免除を受理されていたとき。

※破産法が要求する破産申請者に義務付けられた点に違反したとき。

上記の8条件に含まれないのが免責の条件とも言えるものの、これだけで詳しい実例を思いめぐらすのは一定の知識がないなら困難でしょう。

しかも、厄介なのは浪費やギャンブル「など」と書かれていることでも分かるように、ギャンブルとはいえそのものは数ある散財例のひとつというはなしで、これ以外にも述べられていない内容が山ほどあるというわけなのです。

具体例として書かれていない場合は各状況を言及していくと細かくなってしまい言及しきれないときや以前に出されてきた裁定による判断があるのであるケースが当たるのかどうかはこの分野に詳しくない人にはなかなか判断がつかないことが多いです。

その事由に当たるとは思いもしなかった場合でも免責不許可の旨の裁定が一回でも出されてしまえば判決が変えられることはなく返済の責任が消えないだけでなく破産者としての不利益を7年間負うことになります。

ということから、免責不許可による結果を防ぐためには自己破産を検討する際に少しでも判断ができない点や理解できないところがあるようでしたら、すぐに破産専門の弁護士に話を聞いてみて欲しいのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.be-mused.com All Rights Reserved.