トップイメージ

自動車重量税、別称重量税は、国産メーカーの自動車でも輸入車など車の生産国やハッチバック、クーペという車のタイプに全て同じで、例えば、トヨタやオペル、等でも通常納めることが必要なものなんです。

新車登録をするさい、もしくは車検に出す場合に支払いが発生するものなのです。

この支払金額はそれぞれのクルマの車重により決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く違う概念なので、基礎を理解して一緒にしないようにしなければなりません。

「自動車重量税とは重量毎に」「自動車税は車のリッター数毎に」その金額が違います。

そして、買取する場合の対応も異なりますし、注意しなければなりません。

車を手放すときには支払った税額がいくら残っていてもその額が還付されるということはないのです。

一方、自動車税であれば支払った額を買取金額に乗っけてくれるといった事例がなくはないですが、重量税の場合は上乗せされるようなケースは全然ないといえます。

重量税は、手放す際に既に納めた税金が残っているからと言って車買取専門業者でそのことが配慮される場合は少ないものなのです。

そのため次の支払い分かりやすく言えば次回の車検まで処分を待ち査定に出すという手段がベストと思います。

自動車売却の際は考慮していただけない重量税でも、例外的な事例では返還されることがあります。

その時は、車検の効力が残っているクルマを廃車にしてしまう場合です。

というのは、廃車申請をすれば残っている車検期間に応じて税金が返金されます。

ただし中古車の引き取りの時はその中古車が廃車されるのとは異なり戻ってきません。

それから手放す自動車の名義を変更した場合や、盗まれたケースなども返金してもらうことはできません。

重量税が残っている期間がある愛車を売却することは、車検期間が残っている中古車ということになります。

そのことを買取側も計算に入れますから、重量税が残存していれば、ある程度売却額が増えることでしょう。

もちろん、売却額は買取業者により異なりますが車検がまだあることを考慮していただければ、所有車の買取額と比べるとそこまで払い損と考えることもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.be-mused.com All Rights Reserved.